ネクタイちぎって踊りだす!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネクタイちぎって踊りだす!

2017年10月のサラリーマン退職へ向け活動中。自己啓発・ブログ運営・DIY・クライミングなどいろんなことを発信していきます!

未経験がプログラミングを習得する方法を3つ考えてみた

f:id:ShakeOff:20170214064637j:plain

こんにちは!ただサラです。

前回までの記事で

  • 今後日本ではIT人材が数十万人規模で不足する
  • スキルも貯金もない人が脱サラするならスキルを身につけ働く
  • 身につけるスキルは今後不足するIT(=プログラミング)が良い

ということを考えてきました。

ただプログラミングを学んでIT人材になる!とは言うものの未経験だと何からやったらいいのかまったくわかりません。
今回はプログラミングをどうやって学べば良いか考えてみます

 

独学で学ぶ

まっさきに思いつくのはこれですね。
プログラミングはパソコン1台あれば勉強できるスキルです。
なのでコツコツと独学でやるという事も可能です。
ドットインストールなどプログラミングを独学で学ぶためのサイトなどもあります。

http://dotinstall.com/

独学のメリット

  • 費用がほぼかからない(PC,書籍等)
  • 学習期間に制限がない

独学のデメリット

  • 問題が起きた時に頼れるのはネットのみ
  • 期間に制限がないのでダラダラやりがち
  • 成果をアピールしづらい

独学は手軽に始められるぶん、強い意思がないと成果を挙げるのはかなり難しそうです。僕も過去に学ぼうとして挫折した経験があります。
また、問題が発生したときに頼れるのもネットだけ。

スクールで学ぶ

2つ目の方法。スクールに入って学ぶ方法です。
こちらは費用は独学よりかかります。
数万円で入れるスクールから高いものだと100万円近いものまで。
初期投資としては高いですが充実したサポートを受けられます。
現在はスクールもかなりの数があります。そのうち情報をまとめてみたい。

スクールのメリット

  • プログラミングを体系的にしっかり学べる
  • 質問は対面、またはオンラインでできることが多い(=解決しやすい)
  • プログラミング仲間ができる可能性がある
  • 就職保証があるスクールもある

スクールのデメリット

  • 費用がかかる
  • 学習可能期間が限定されている場合がある

こう考えてみるとスクールは費用以外にあまりデメリットはありませんね・・・
プログラミングは自分から学ぶという姿勢も大事とよく言われますが、スクールもうまく使えると短期間で効率よく習得できそうですね。

 

未経験OKの求人で実務をしながら学ぶ

こちらは最終手段。未経験OKの求人から企業に入社し実務を通して学ぶ方法。
求人は限られるかもしれませんが探してみるのも良いかもしれません。

企業で学ぶメリット

  • 実践を通して勉強できる
  • 仕事=勉強なので時間が多くとれる

企業で学ぶデメリット

  • 自分の希望の勉強ができない可能性がある
  • プログラミング以外の業務に時間がかかる

比較的若くて転職もしやすければ未経験OKの求人に申し込んでみるのも手かもしれません。ただし、企業選びは慎重に。また、すでに高めの年収を得ている場合、未経験の業種への就職では収入が下がるのは避けられないでしょう。

 

まとめ

未経験がプログラミングを学ぶ方法を3つ考えてみました。
現在の状況で時間がある方は独学orスクール、転職も視野に入る方は企業での勉強もアリ、という感じでしょうか。

個人的には今のままだと時間があまり作れないため、20代も終盤の今、未経験OKの求人にチャレンジしてみるのもありかなあ、と思ってます。

 

悩みは続く・・・

 

スキルも貯金もない人は脱サラ後どうやって金を稼ぐか

f:id:ShakeOff:20170209065552j:plain

こんにちは。ただサラです。
最近は脱サラ後の進路について悩んでいました。
まだ考えはまとまりきっていませんが自分の整理のためにも記事にしてみます。

 

脱サラ後にお金を稼ぐ手段はどんなものがあるか

当たり前ですが脱サラ後は収入がなくなります。それでも生きていくにはお金が必要です。なんらかの方法でお金を稼がなくてはなりません。
脱サラした場合、どんなことでお金が稼げるか考えてみました。

※ちなみにタイトルのように僕は特に資格やスキルを持っていません。その前提で考えていきます。

思いつくのは以下。

  • 起業(リアルビジネス)をする
  • ネットビジネスをする
  • フリーランスになって仕事をする
  • アルバイトをする
  • 投資をする

順番にみていきます!

 

起業(リアルビジネス)をする

脱サラ!と言えばやっぱりこれです。
自分の会社を持つ!っていう響きが素敵ですね。

個人的には今はまだムリなので最終的に目指したい、と思ってます。
なにせいきなりリアルビジネスを始めるのはハードルが高い。店舗を構えるような形態ならば初期投資も数百万~数千万円のお金がかかるでしょう。

では初期投資がかからないビジネスはできないか?
ネットビジネスならば可能ですね。

 

ネットビジネスをする

ここではネットビジネスを広く捉えます。
ネット上での新しいサービス運営、アフィリエイトブログ運営、せどり、など。
PC一台で始められるビジネスも多くあります。
ブログで稼いでいる人はここに入りますね。

ちなみに当ブログはほぼ稼げていません。
リアルビジネスにしてもネットビジネスにしても収益化までは時間がかかることが多いと思います。

貯金がない人はそんな悠長なことを言ってられません。
そんな人は脱サラ後何をしたらお金を稼げるか。

となると、やはり仕事をしなくてはなりませんね。
ただサラリーマンとして転職するのは脱サラにならないのでここでは除外。
フリーランスになって働くことを考えてみます。

 

フリーランスになる

自分のスキルを生かしてフリーランスで働く。
SOHO、ノマドワーカーなどいろんなフリーランスに関連した言葉が流行ってますね。

ただしフリーランスで働くにはスキルが必要
僕は現状、なんのスキルもありません。(理系的な一般教養があるだけ)

だとするとフリーランスで働くにはスキルを身につけなければなりません。
どんなスキルがよいか?
これはIT人材になるためのスキルが今の時代最適だと思います。具体的にはプログラミングなどです。

前回の記事でも書きましたが今後の日本のIT人材は確実に不足します。数十万人単位で。

ということで僕個人はスキルを身につけてフリーランスで働く!ということを考えています。

今はプログラミングを学ぶスクールなどもたくさんあります。ありすぎて選べないくらい。どんな言語を学ぶのか、どういうIT人材になりたいのか。そういうことも考えなくてはなりません。

そのほかの手段について。

アルバイトをする

これは最後の手段ですね。
それほど特別なスキルがなくてもお金を得ようと思ったらこれです。
ただしいつまでもアルバイトではいられないでしょう。どこかで上の稼ぎ方たちにシフトする必要があると思います。あくまで急場しのぎ、ですね。

 

投資で稼ぐ

これは種銭がある人向け。
今はサラリーマンの副業としても人気がある株式投資やFXなど。
僕は資金の87%を失った過去(プロフィールご参照)があるのでしばらくは参入しません、できません笑

 

まとめ

脱サラ後のお金を稼ぐ方法を考えてみました。
あなたは脱サラしたらどうやってお金を稼ぎますか?
なんのスキルもない僕はこれからスキルを身につけるためがんばってみようと思います。

以上!

IT人材不足についての記事はこちら。

www.tadasara.com

IT人材は今後不足する!身近にあったIT化とこれから必要なスキル

f:id:ShakeOff:20170125083328j:plain

ビッグデータ、IoTなどの言葉が世の中にも広まってきています。
今回の記事はこれから必要になっていく人材について。

フリーランスで働くコウタロウさんの記事を読んで僕なりに考えてみました。

www.ksakae1216.com

 2020年にはIT人材が不足する

日本では今後、IT人材が不足するという報告が複数されているようです。
実際に調べて読んでみました。
1つめ。ガードナージャパンによる報告。2017/1/24の資料です。

ガートナー | プレス・リリース |ガートナー、2017年以降のIT人材に関する展望を発表

2つめ。経産省による報告。2016年6月の資料です。

IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果を取りまとめました(METI/経済産業省)

経産省の報告内容は人材を先端IT人材(ビッグデータ、IoTなどの技術者)などに細分化してデータが分析されています。なかなか読み応えがあります。

報告時期も報告者も違う資料ですがどちらの報告も一番言いたいことは共通してます。

今後、IT人材は確実に不足する、ということです。

ガードナージャパンの報告によると、IT部門の10%は仕事の一部にロボットが取り入れられるだろうとも予測しています。そんなことをするほどIT人材が不足するのです。

2つの組織からこれだけしっかりしたデータが出てくるとなかなか信憑性がありますね。

これを読むとやはりIT勉強したい!しなくちゃ!と思いますね。

最近身近なところにもIT化の波を感じたので少しご紹介。

 

乾電池でもIT化が進んでいた!

乾電池といえばただのバッテリー。IT化の余地はないように思えます。
ところが乾電池にもIT化の波が来ていました。
1つ目。Mabeeという乾電池ケース。

mabeee.mobi

これめちゃくちゃおもしろいです。
マビー自体はただの単三電池型のケースですが中に単四電池が入るようになってます。
そしてマビーがスマホアプリで制御できます。動画では電車のおもちゃを走ったり止めたりが乾電池だけでできるのです。また、複数のマビーを同時に制御できるのでおもちゃを同時にスタートさせられたりもします。ちなみにただのON/OFF制御だけでなくスマホの動きに合わせていくつも動き方を変えられます。これはスゴイ。

 

2つめ。充電池です。

 

 

 これは超高性能の充電池で、充電池の残量が確認できるのはもちろん、充電電流まで制御できます。操作はスマホから簡単に制御できます。

ホビーに使われることが多いようですがこんなところにもスマホアプリ開発の余地がありました。

 

乾電池でもこれだけIT化がされていました。

これからは今までIT化とは無縁だったものにもIT化がされるのです。

そりゃIT人材不足しますよね。

 

まとめ:これから何を仕事にするか?

複数の報告がされているようにIT人材はこれから確実に不足しそうです。
身近なところでは今までIT化と無縁だった乾電池すらIT化されてきている。
これからはIT人材こそ需要が高まるのかもしれません。
1つくらいはIT人材と言えるだけのスキルを身につけておきたいですね。

勤務時間外の学習を暗に強要するのはどうなんだろうか。

f:id:ShakeOff:20170124000521j:plain

会社での教育は2つに分かれるでしょう。
OJT(On the Job Training)とOff JT(業務外でのトレーニング)です。
Off JTは業務時間中でも業務を中断し、座学を受講することなどですね。

Off JTでは輪講形式のものもあるでしょう。僕の会社でも輪講形式でトレーニング受講者が交替で講師を務めていきます。

ではその予習はいつやるのでしょうか?
業務時間内でしょうか?ただし、Off JTがあるからといって通常の仕事量は変わりません。その時間はどこで作り出せばよいのか。

僕の会社では暗に「家でやれ」という慣習があります。
これってどうなんでしょうか?


それくらい家でやって当たり前だ!

比較的会社にいる期間が長い人ほどこの考えの人が多い気がします。
「オレの時はもっと家でやっていた」
「仕事のために多少プライベートを犠牲にするのは仕方ない」
こんな考え方。

こちら側の言い分としては、自分のためにもなるから勉強しておけよ、というもの。
たしかに業務に関係あるとはいえ扱うのは一般的なテーマの教科書などが多いでしょう。となれば勉強しておいて損なことはないでしょう。

 

家では仕事関係のことを一切したくない

一方、最近の若い人に増えている考え方がこちら。家では一切仕事関係のことをしたくないという意見。
こちら側の言い分としては、業務の質や効率を上げるための学習なら業務時間内だけでやらせてよ、というもの。たしかに仕事が関係しているならば業務時間内に収めるのも当然かもしれません。

 

法律的には問題ない?

では法律的にはどうなんでしょう。僕は法律は詳しくありませんが、はっきりと「仕事のために家でやってこい!」といえば間違いなく違法なことは間違いありません。タダ働きを強要することになるので。(業務時間としてカウントすれば別ですが)
ですが、「自分のために勉強しといてね」くらい言われただけだとグレーでしょう。たしかに家でやれ派の言うように半分は自分のための学習ならばプライベートの時間を使うのもアリかもしれません。

 

僕の考え

僕は家でやりたくない派です。それはなぜか。
自分のための学習くらい自分でテーマを選びます。そもそも会社の仕事のための勉強をしたって会社が突然倒産したらどうすればいいんでしょうか?
一昔前は終身雇用、会社にいれば出世、そんな時代でした。そんな時代ならば会社の仕事、出世のためにプライベートを犠牲にして頑張ってもいいんでしょう。
しかし社会は変わっています。大企業でも倒産の危機はいつでも訪れます

「英語はどこでも役立つよ」とか言われたって今後の僕にすぐには必要になりません。
僕の場合は現在の会社を離れようと思っているのでちょっと特殊かもしれませんが。
このあたりは最近の若者の出世離れも関係しているかもしれませんね。

 

あなたはどうお考えでしょうか?


出世離れについて考えていた記事はこちら。

www.tadasara.com

サラリーマンを続けて身につくスキルってなんだっけ?

f:id:ShakeOff:20170122080945j:plain

ふと考えました。
サラリーマンを続けて身につくスキルってなんだっけ?と。

 

あなたは今の仕事で身についているスキルはありますか?

ここでいうスキルというのは資格や言語(英語など)、プログラミング言語などのこととします。
僕は新卒入社以来今の仕事を4年ほど続けてきました。その4年間を振り返ってみるとどんなスキルが身についたんでしょうか。

  • 言われたことだけをやる忠実さ
  • 周りに合わせる空気読み力
  • 上司の自慢話の付き合い方

どれもロクなスキルじゃありませんね・・・

1つめについては
「言われたことだけやるんじゃダメ、それ以上をやれ!」という声が聞こえてきそうです。が、そもそも僕の会社では製品の開発に追われて新人・部下をしっかり教育できないことがあります。今の部署の僕はまさにそう。
まるでスキルがないまま実践投入されて「言われたこと以上のことをやれ!」と言われてもよほど優秀でない限りできるはずがありません

もちろん業務のことに関しては多少知識や経験は増えました。ですがあくまで知識です。
もし明日から会社がなくなったら1人で何かできるか?という視点で考えると役に立ちそうな知識はほとんどありません。
(僕の会社の業界のビジネスは1人で立ち上げられるようなものではないのです)

僕はエンジニアの仕事を続けてきましたが営業の仕事をしてきた人などのほうがうらやましい。営業のスキル(コミュニケーション能力含む)ってどんなビジネスをするにしても必要ですからね。

あなたは今の会社で自分のスキルを磨けているでしょうか。

 

会社に依存しないためには自分のスキルを磨く

これからの時代、どんな会社も安泰ではないでしょう。
一昔前は一流と言われた会社も続々と倒産、統合、合併などが行われています。

1つの会社で一生安泰、なんてことはなくなってきているのです。時代が変わっているのです。会社で出世だけを考えてもその会社が明日からない、なんてことは平然と起きるのです。

ではそんな時代にどんなことを考えればよいのでしょうか。

それは自分1人で何か成せるスキルを身につけることだと思うのです。
言い換えればそのスキルでフリーランスとして仕事をしてお金を稼げる、ということ。

どんなスキルがよいか?

ではどんなスキルがよいでしょうか。
今ではクラウドソーシングや代行業などで自分のスキルや得意を売る働き方ができます。

ですが誰でもできることをやっていてもお金になりません。競争にさらされ単価が安くなっていくだけでしょう。(現に簡単なライティング業などはかなり安くなっていますね)
なるべく人がもっていない、個性を出したスキルこそ稼げるのだと思います。

例えば英語のスキル。ただ英語が喋れるのではなく観光案内に特化した英語が詳しい、など。そういうスキルは持っている人も少なくインバウンド事業にも役立ちそうです。

 

まとめ

今あなたの仕事で1人で稼げるスキルが身についていますか?
これからの社会では1人でも稼げる個性を出したスキルが必要になると思います。

僕の場合は現状何も持っていませんので、これからVR/AR/MRに特化したプログラミング言語を習得したいと思ってます。プログラミング自体は元から好きですし、VRなどのテーマはこれからの時代、絶対に広まると思いますので。