ネクタイちぎって踊りだす!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネクタイちぎって踊りだす!

2017年10月のサラリーマン退職へ向け活動中。自己啓発・ブログ運営・DIY・クライミングなどいろんなことを発信していきます!

フリーランスと個人事業主の違い

スポンサーリンク

あなたは答えられますか?

 

独立を目指す僕ですが、まったくわかってませんでした。

なんとなく、「フリーランスは名乗ったらなれるけど個人事業主ってしっかり登録とか要りそう」くらいの感覚でした。

気になって調べてみるとこの2つ、全然違うものでした。

 

フリーランスとは

フリーランスは仕事のやり方によって区別する呼び方。

正社員は会社と雇用契約して働きます。派遣社員は派遣元の会社と、ですね。

フリーランスとはお仕事ごとに契約する人のことを指します。

つまりフリーランスとは働き方、のことなのですね。

 

単発のお仕事が多いということで、デザインやライティングなどクリエイティブなお仕事が多い印象もあります。

 

じゃあ個人事業主は?

ざっくり言うと法人ではなく個人で事業を営むすべての人、です。

法人と個人事業では税制が異なる、というのは想像がつきますね。

 

 

ということは、フリーランスで働く人でも、法人を設立していれば個人事業主ではないということですね。

ちょっとややこしいですが、正しく理解しておくとよさそうです。

 

僕はどこを目指すべきなのか?

これでざっくりフリーランスと個人事業主についてはわかりました。

さて、脱サラをする僕はどこを目指せばよいのでしょうか。

 

まず、僕が目指すセールスライター、コピーライターは仕事のやり方は間違いなくフリーランスです。

問題は法人を設立するか、個人事業主としてやっていくか、です。

 

ここは調べだすと、なかなか難しそうです。

またもざっくりですが特徴を挙げると

  • 個人事業主は法人に比べ手続きも費用も少なく始められる
  • 個人事業主は所得税が累進課税でけっこうかかる
  • 法人は設立や維持は大変だけど、事業が大きくなれば節税できる

こんなところでしょうか。

 

やはり、個人としてこじんまりスタートさせるには個人事業主で十分そうです。

 

金持ち父さんの言っていたこと

今日の最後に、本ブログでたびたび登場する金持ち父さんの言葉を借ります。

「ファイナンシャルインテリジェンス(お金に対する教養)を高めろ!節税しろ!」(意訳)

 

ここまで調べてみて、働き方やお金に対して自分の無知さを思い知らされました。

金持ち父さんの言うように何もわからないままでは損することが多そうです。サラリーマンを辞めてからは特に。

 

まとめ

  • フリーランスは単発で仕事をやる働き方
  • 個人事業主は法人ではなく個人で事業をやる人すべて
  • まず独立するならお手軽な個人事業主、大きくなりそうなら法人化、がよさそう
  • 金持ち父さんの言うように「お金の教養」は必要!

 

今後も少しずつ勉強していこうと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。