ネクタイちぎって踊りだす!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネクタイちぎって踊りだす!

2017年10月のサラリーマン退職へ向け活動中。自己啓発・ブログ運営・DIY・クライミングなどいろんなことを発信していきます!

書きたいことを書けば強いメッセージになる?伝わる文章はどんなもの?

雑記

スポンサーリンク

f:id:ShakeOff:20161214064618j:plain

今回はブログを書く姿勢について

あなたが読みたいのはどっち?

例えばこんな調子でかかれた文章

  • ~かもしれません。~だそうです。

こういったまわりくどい言い方や伝聞の文章。

なんだか読んでて不安になりますよね。

「こいつちゃんと調べて言ってるのか?」

「自信なさそうだけどホントなのか?」

と読みながら疑問が沸きそうです

 

あるいはこんな文章

  •  ~になります。~となるに違いない!

力強い言葉たちです。びっくりマークもつけちゃうくらい自信満々。

これで言ってることがまともなら

「たしかにそうだ!」

と納得してもらえそうです。

 

情熱のこもった強いメッセージでないと伝わらない

せっかく文章を読んでもらっても伝わなければ意味がありません

同じ内容の文章ならば力強いメッセージのほうが確実に伝わるでしょう。

 

では力強い文章を書くために必要なことは?

それは書き手の情熱、ではないでしょうか

 

情熱があれば自然と言い方、言葉も強いものを選ぶでしょう。

たとえば自分が情熱を傾けている趣味がある場合。

その趣味の楽しさについて語る時には

「これはこうなんですよ!だから楽しいんです!」

と伝えたいから自然と力強いメッセージになります。

 

僕も自分の趣味のボルダリングについて語る時は自然と熱がはいりました笑

www.tadasara.com

情熱をもって文章を書く方法は?

これは本当に書きたい!と思ったことを書くしかありません

書きたい!!と思うことで自然と熱が入るはず

ということは書きたいことを好きに書いてよいのです

というかブログはもともとそういうものですし

 

こんな記事を見つけました

ikedayuuto.hatenablog.com

(イケダユウトさんありがとうございます)

この記事では書きたいことを全部かけ!というのをシンプルに教えてくれてます

短い言葉で何度も何度も言ってくれるので身に染みます

僕にはできない書き方です

 

やる気を保つためにも書きたいことを書く!

というのは大事だなあと感じます

書きたいことについて書いていると文字数もいつのまにか1000、2000と増えていっちゃいます

 

僕はセールスライティングの勉強中です

でも小難しいことを勉強して発信しようとしても本当に書きたい!と思ってないので熱が入りません

 

これはどうすればいいのんでしょうか笑

自分が伝えたいことを書くのと、知識のまとめ記事などは姿勢を使い分けないといけないということですかね

 

まとめ

なんだか最後はまとまりなくなりましたが

  • 本当に書きたいことを書く
  • 情熱が入る
  • 強いメッセージになって伝わる
  • 知識のまとめ記事はまた違うかも?

どちらにしても書きたいことは好きに書く!この姿勢は忘れないようにしていきたい!